研修をする目的を考えて目的にあった内容にする

目的を明確にすることで効率アップ

人材育成研修を行う際のポイントのひとつは、目的を明確にするということです。人材育成研修は様々な人に向けて行われますが、その目的が明確ではなければ、効率的に研修を行うことはできません。目的がしっかりと定まっていないまま研修を行ってしまうと、何を指導するべきなのかもはっきりしないので、指導する側も指導を受ける側も達成感の低いものとなってしまうでしょう。目的が明確になっていると、目標が定まるのでどのような研修をするべきなのかの道も見えてきます。また、目的を表明することによって研修を受ける側も、目標を意識することになり、研修に対して意欲的な態度で臨むことができます。これらのことから、研修の目的を明確にすることが重要です。

目的をかなえる研修内容にする

研修の形態には様々なものがあります。社内だけで研修を行うこともあれば、外部講師を招くことや動画を活用する場合、セミナー形式など様々です。研修の形態は、どのような研修であっても同一のもので良いというわけではありません。目的に沿った研修の形態を選ぶことが非常に重要です。新人研修などの一般的なマナーを指導する研修の場合は、大勢を集めて一人の講師が指導する形式をとっていたとしても問題ありません。しかし、専門技術を指導するような場合、講師の数が少なくては受講生がしっかりと理解することができないこともあります。これでは研修の意味がありません。研修の目的や研修の内容に合わせて最適な指導形態を選ぶことが効率的な研修には必要です。

人材育成の研修は一方的に進めるのではなく、社員のペースに合わせることが大切です。着実にステップアップしていくことで、企業が求める人材を確保しやすくなります。