通信教育や資格取得支援などの自己啓発

会社側が教材を用意して勉強してもらう

多くの社員に一定の教育を一度に受けてもらうには集合教育が良いのでしょう。しかし集合教育だと講師や会場を用意しなければならず、さらに参加者には通常業務を休んで来てもらう必要があります。そこで集合教育以外の方法として通信教育による人材育成研修を検討してみましょう。教材を会社側が用意して、研修対象者にそれを配布し各々の都合のいいときに勉強してもらいます。教材はテキストタイプもあれば、音声や動画などを用いたものを使ってもよいでしょう。イーラーニングとしてネット上で教材を配信すれば、インターネットが接続できる環境ならいつでもどこでも勉強が可能になります。講師も会場も必要なくなるので、トータルの研修コストが下げられるのがメリットです。

資格取得者に特別手当を支給

世の中には資格試験がたくさんあり、資格がないとできない仕事などもあるようです。会社によっては技術や知識を必要とする仕事があるでしょうが、通常は会社の人材育成研修によって社員に身に着けてもらわなくてはいけません。最低限の研修は会社で行うとしても、全ての技術や知識を研修で教えるのは無理があるかもしれません。人材育成を効率的に行うなら、業務に関連する資格取得をした人に特別手当を支給する方法が良さそうです。資格取得をする上でかかった教材費用や受験費用を負担したり、毎月の給料において資格に応じた手当を支給するなどがあるでしょう。会社としては手当分のコストは必要になりますが、教育専門の担当者を置く必要がないメリットがあります。

接客マナーの研修を受けることで、様々なお客様に対して的確な応対ができるようになることがメリットです。