研修を行う年代に合った内容にする

受講者に合った内容にすること

企業などで社員を育成するために研修を実施する場合がありますが、そのやり方によって効果が大きく変わってくる点に注意する必要があります。研修には座学からオンラインに至るまで様々な形態がありますが、いずれの方法においても重要となるのは、受講者の属性に合った研修内容にするということです。例えば、新入社員に対して研修を行う場合に、難しい業界用語や専門用語を説明なしに使っても、理解が進まず効率の悪い研修になってしまいます。逆に、シニア社員を対象にするのであれば、ある程度基本的な知識は備えているという前提で、より高度な内容を盛り込まなければ、まじめに聞いてもらえないかもしれません。受講者の年齢などを考慮して研修内容を考えていく必要があるのです。

年齢別の研修内容とは

では、受講者の年齢を踏まえてどういった研修の内容にすればよいのかを見てみましょう。前述の通り、20代前半の新入社員クラスに対する研修の場合は、ビジネスに必要な基本的な知識やスキルを体系的に学べる内容にするべきです。20代後半から30代前半であれば、基礎知識は身に着けているはずですので、それらを実際にビジネスの現場で使うようなロールプレイング形式の研修にすると効果的でしょう。30代後半から40代にかけてはマネジメントへの準備段階となりますので、単に知識を得るだけでなく、部下を率いるための心構えやスキルを体得できるような研修がおすすめです。50代以降は退職が視野に入ってくるため、セカンドキャリアに活かせるようなスキルを得られる研修にするとよいでしょう。

販売の研修では、基本的なマナーや接客態度からお客様とのロールプレイングまでさまざまな教育訓練が行われます。